WEBマガジン

トランクルームで上手な土地活用の実現!その具体的概要やメリットとは?

LINEで送る
Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket

この記事をご覧の皆さんの中には、手持ちの利用されていない土地を上手く活用して、利益を上げる方法について知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

 土地の活用として有名な方法としてはマンションやアパート、ビルに投資する方法がありますが、それらの投資よりも初期投資額を押さえて土地活用ができるトランクルーム経営が近年注目を浴びています。

 そこで、今回の記事では、トランクルーム経営を行い手持ちの土地を上手に活用するために知っておくべき内容について説明していきます。

土地活用の上でのトランクルーム経営のメリットについて

土地活用を検討していくうえで、トランクルーム経営を行っていくメリットにはどのようなものがあるのでしょうか、具体的には以下のようなものがあります。

初期投資額をなるべく小さくして始めることができる

トランクルーム経営の大きなメリットの1つ目としては、初期投資額をなるべく小さくして始めることができる点が挙げられます。

 トランクルームの場合、マンションやアパートなどのように人が住むわけではなく、あくまで手持ちの荷物を保管する場所としても施設を作ることになるので、水まわり設備や防音設備、内装などに費用をあまりかけなくて良いので、初期費用が小さく済みます。

 また、人が住む場合だと耐震基準もより厳しくなるうえ、基礎基盤の整備などにも費用がかかりやすくなるのに対して、トランクルームの場合それらの点についてもあまり費用がかかりにくくなっている点も初期投資額を小さくできる点に繋がっているでしょう。

土地の形状が建物を作りにくい形状をしていても運営できる

トランクルーム経営の大きなメリットの2つ目としては、土地の形状が建物を作りにくい形状をしていても運営できる点が挙げられます。

 土地の形状からして建物が立てにところに位置していても、コンテナの設置などを利用することによってトランクルーム経営を行うことができる点は大きな魅力と言えます。

 また、近辺に大きな道路や工場などがあり、大きな騒音が出やすい地域であったとしても、人が住むわけではないので問題なくトランクルーム経営を行うことが可能です。

立地条件に左右されにくい

トランクルーム経営の大きなメリットの3つ目としては、立地条件に左右されにくい点が挙げられます。

 マンションやアパートなどの不動産投資の場合、駅から遠かったり、近辺に病院や買い物施設などが充実していなかったりすると入居者が集まりにくいですが、トランクルーム経営の場合には、人が住むわけではないので立地の悪さが不利な要素になりにくいです。

 手持ちの土地の立地があまり良くない場合にでも土地活用して利益を生みやすいという点は大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

高い利益率を実現できる可能性がある

トランクルーム経営の大きなメリットの4つ目としては、高い利益率を実現できる可能性がある点が挙げられます。

 マンションやアパートなどの不動産投資の場合と比べて初期投資額が大幅に安く済むので、上手く運営することができれば、高い利益率を実現できる可能性があります。

 利益の額の大きさも重要ですが、利益率の高さにも注目することで自身の土地の有効活用を効率的に進めるための一助になるのではないでしょうか。

トランクルーム経営は管理委託もできる?

トランクルームの経営にはどのような経営方式があるのでしょうか、具体的には以下のような経営方式があります。

完全自主経営型

完全自主経営型とは、自身の土地などに建てたトランクルームの集客や家賃奇襲などの管理業務全般をすべて自身で行う経営方式のことです。

 仲介業者などに管理料などを支払う必要がないので、利益率は一番高い経営方式と言えますが、リフォームや管理業務全般をすべて自身で行わなければならないので、専門的知識も必要なうえ、手間がかかりやスクなっている点が特徴となっています。

管理業務委託型

管理業務委託型とは、利用者の集客、賃料の回収、利用者の管理などの管理業務全般を委託して自身のトランクルームの経営を行う方式のことです。

 毎月の賃料を受け取りつつ、毎月管理してもらっている業者に対して管理料を支払うことにより経営していくので、完全自主経営の場合よりも利益率は低下してしまいますが、手間がかからず、トランクルーム経営の経験が無い人でも比較的簡単に始められます。

一括借り上げ型

一括借り上げ型とは、自身が所有しているトランクルームを借り上げ業者に一括で借り上げてもらうことによりトランクルーム経営を行う方式のことです。

 借り上げ業者に一括で借り上げてもらうことで、本来ならば集客できていなければ家賃収入が得られないところ、賃料収入を得ることができる安定性が大きな魅力でありますが、その分その他の方式と比べて管理料が高くつきやすくなっています。

まとめ

ここまで、トランクルーム経営を行い手持ちの土地を上手に活用するために知っておくべき内容について説明してきましたが、いかがでしたか。

 土地を持っていると毎年固定資産税を支払う必要があり、その支払いが大きな負担になることから、土地を有効活用して利益を獲得する手段としてトランクルーム経営は、初期投資を押さえながら行えるので、有効的な手段であると言えます。

 この記事をご覧の皆さんは、今回の記事で説明した内容を参考にして、トランクルーム経営を行い手持ちの土地を上手に活用するために知っておくべき内容についての学習に役立てると良いのではないでしょうか。

LINEで送る
Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket