WEBマガジン

トランクルーム経営する流れとは?初期投資額などと併せて解説します!

LINEで送る
Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket

この記事をご覧の皆さんの中には、トランクルームを経営するためにどのような事項について知っておけばいいのか、初期投資額はいくら必要なのか知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

 トランクルームの経営を始める際に具体的にはどのような事項について押さえておく必要があり、また、どの程度の資金を用意しなければならないのか事前に知っておくことは、トランクルームを効率的に経営していくうえで重要です。

 そこで、今回の記事では、トランクルーム経営に関する事項の具体的な内容、初期投資額はいくら必要なのかなどについて説明していきます。

トランクルームには3つの形態がある!

トランクルームには3つの形態がありますが、具体的にはどのようになっているのでしょうか、以下において説明していきます。

屋内型トランクルームとは

「屋内型トランクルーム」とは、一等のビルなどの建物の中にあるトランクルームのことで、主に都市の中央部にて運営されていることが多いです。

 湿度や感度管理がしっかりと行われており、扇風機やストーブなどの精密機械類、楽器や服なども適切に管理することができ、利便性が高い点が特徴となっています

屋外型トランクルームとは

「屋外型トランクルーム」とは、ビルなどの建物の中にあるのではなく、外部にコンテナを設置してその中に荷物を保管する形式で運営されているトランクルームのことです。

 保管場所が屋外であるので温度、湿度の管理はされておらず、敷地内に常駐の警備員がいることはほぼないうえ、監視カメラが設置されていることも少なく、屋内型トランクルームに比べると警備、管理体制に難があります。

バイク収納型トランクルームとは

バイク収納型トランクルームとは、バイクを専門的に取り扱うトランクルームのことで、近年東京や大阪などの都心部を中心にして利用者のニーズが高まっています。

 バイクを適切に管理する環境を持っていない人が、バイクの盗難防止のためにバイク収納型トランクルームを利用するケースが多いようです。

各トランクルームに要する費用額とは?

各トランクルームに要する費用額とはおおよそどれくらいかかるのでしょうか、以下において説明していきます。

屋内型トランクルームの場合

屋内型トランクルームの場合にかかる初期費用の例としては以下のようものが想定されます。

①建物内に保管スペースを設営する費用(パーティション代+工事費込) ②看板の設置費用 ③監視カメラの設置費用 ④ 家賃
200万~300万円(ここでは、1坪当たり10万円~20万円ほどで、10~15くらいのスペース数で想定しています)

 

平均的には20万~30万円ほど

 

ただしこれも業者によってかかる費用が異なるので注意

1台当たり10万円~20万円ほど

 

ただしこれも業者によってかかる費用が異なるので注意

都心か、郊外か、また建物の種類によって異なります。

 

ここでは東京都の都心の商業ビルの家賃帯1坪当たり1万円~3万円ほどを想定

上記の例はあくまでも参考値であり、具体的にかかる初期費用は建物の形状やフロアの大きさなどによって異なっているので、詳しくは専門の工事業者や建物の仲介会社に問い合わせてください。

屋外型トランクルームの場合

屋外型トランクルームの場合にかかる初期費用の例としては以下のようものが想定されます。

①コンテナ代金 ②整地費用 ③看板費用 ④監視カメラの設置費用 ⑤水道・電気引き込み工事費用
コンテナ1機あたり25万円~200万円ぐらい。

提供している業者によって価格が異なるので注意

 

 

1坪あたり1万円~2万円あたりが平均的な価格になっている。

 

土地の形状や状況などによって費用は変動するので上記はあくまで平均的な費用となっている

 

 

平均的には20万~30万円ほど

 

ただしこれも業者によってかかる費用が異なるので注意

1台当たり10万円~20万円ほど

 

ただしこれも業者によってかかる費用が異なるので注意

水道・電気引き込み工事費用については50万~70万円くらいが平均的である

 

ただし、引き込場所によって費用が異なってくる

 上記の例はあくまでも参考値であり、具体的にかかる初期費用は土地の形状や広さ、コンテナや監視カメラを取り扱う業者などによって異なっているので、詳しくは専門業者に問い合わせてください。

バイク収納型トランクルームの場合

バイク収納型トランクルームの場合にかかる初期費用の例としては以下のようものが想定されます。

①コンテナ代金 ②整地費用 ③看板費用 ④監視カメラの設置費用 ⑤水道・電気引き込み工事費用
コンテナ1機あたり25万円~200万円ぐらい。

 

提供している業者によって価格が異なるので注意

 

1坪あたり1万円~2万円あたりが平均的な価格になっている。

 

土地の形状や状況などによって費用は変動するので上記はあくまで平均的な費用となっている

 

平均的には20万~30万円ほど

 

ただしこれも業者によってかかる費用が異なるので注意

1台当たり10万円~20万円ほど

 

ただしこれも業者によってかかる費用が異なるので注意

水道・電気引き込み工事費用については50万~70万円くらいが平均的である

 

ただし、引き込場所によって費用が異なってくる

コンテナにかかる費用については利用がバイクの収納にのみ限定されているので、導入するコンテナが比較的小さめのものでも管理できることから、コンテナにかかる費用は小さくなることが想定されます。

 また、その他の費用については、詳しくは専門業者に問い合わせる必要があります。

まとめ

ここまで、トランクルーム経営に関する事項の具体的な内容、初期投資額はいくら必要なのかなどについて説明してきましたが、いかがでしたか。 

トランクルームの経営は比較的小さな初期投資額で始めることができる土地活用の方法となっていますが、利益の採算を考えるためにもどのくらいの費用がかかるのかについてある程度事前に知っておく必要があります。

 この記事をご覧の皆さんは、今回の記事で説明した内容を参考にして、トランクルーム経営に関する事項の具体的な内容、初期投資額はいくら必要なのかなどについての学習に役立てると良いのではないでしょうか。

LINEで送る
Share on reddit
Share on LinkedIn
Pocket